良いセンターを作るための「キーワード」(8) ~「SVの役割」

ワーク

SVに求められる役割

SVに求められる役割は「業務遂行の管理」「指導・育成」「顧客対応」の3つです。

「業務遂行の管理」~センター内の仕事が円滑にまわるようにあらゆる管理を行う
「指導・育成」~コミュニケーターの能力を高め、長期的に組織のパフォーマンスを向上させる
「顧客対応」~お客さまの信頼を得る対応をする

このように、SVはセンター全体の向上に貢献する役割を担っているのです。

SVに求められる能力

では、SVはセンター全体の向上に貢献するにあたり、どのような能力が求められるでしょうか?

「業務遂行の管理」を行う際に求められる能力は、自主性・集団影響力・協調性・発信力・業務遂行能力・危機察知力・調整力です。また、「指導・育成」には指導能力・影響力・問題発見力・解決力が求められます。さらに「顧客対応」には責任感・対人応対力・判断力・印象度などが重要となります。

SVは「業務実施力」+「育成能力」+「顧客対応力」、これら全てが求められるというわけです。SVはあらゆる場面において、問題を解決し、遂行していく力が必要なのです。

おすすめリンク

新任SV(スーパーバイザー)向けマネジメント力向上研修 ~SVとコールセンターの役割を認識する編(2日間)

【公開講座】(コールセンター向け)スーパーバイザー研修~SVとしての役割を知る

SV(スーパーバイザー)向けマネジメント力向上研修 ~役割認識強化編(1日間)

to top