良いセンターを作るための「キーワード」(11) ~「信頼できるSV」

ワーク

コミュニケーターの視点から見たとき、「あの人は信頼できる」「ついていきたい」と思わせるSVとはどのような人でしょうか。リーダーとして尊敬できる人には、5つの共通点があります。

「仕事」と「人」の両方を大切にする

組織の中で仕事をしていく上で担うべき役割、持つべき責任感を持って仕事をまっとうします。そして、人に対して愛情を持って接します。どちらも大事な「仕事」と「人」の両方を理解し、大切にできる人です。

相手を尊重する、話を聴く

自分のことは多くを語らなくても、自然に人の話を聴いて受け入れることで、信頼関係を築いていきます。相手との間に「役割」や「感情」で線を引かない人は、信頼関係の構築が上手です。

常にフラットな視点・考え方

人やものごとに対する視点を常にフラットに保っています。先入観、偏見、思い込みなどがなく、公平な考え方でものごとを判断していきます。

真剣に取り組み、結果を出す

役割上、人にも責任を果たすことを求めますが、まず自分が結果を出します。仕事に真剣に取り組む姿勢、結果の両方が、部下に影響を与えるのです。

「ほめられたい」がない

人に評価を求めない人は、自分の中に「大事にすべき基準」を持っています。それに照らし合わせて判断をするため、「できた」「できなかった」はすべて自分の中にあります。

「そんな完璧な人になれるはずがない」とついつい思ってしまうかもしれません。まずは自分に影響を与えた人、憧れの人を思い浮かべてください。上司・先輩や知人・有名人でも構いません。「あの人のああいう部分が素敵だったな」と思うものからひとつずつ取り入れて、自分のものにしていけば、少しずつ理想の姿に近づくことになるのです。

おすすめリンク

SV(スーパーバイザー)向けマネジメント力向上研修 ~オペレーターとの関係を築く編(1日間)

SV(スーパーバイザー)向けマネジメント力向上研修 ~リーダーとしての段取り力強化編(1日間)

OJT研修 ~指導者としての人間力を高める編(1日間)

to top