良いセンターを作るための「キーワード」(14) ~「フィードバック」

ワーク

コミュニケーターの気づきや考えを引き出し、意欲を高める

まずは質問を通じて、コミュニケーターの気づきや考えを引き出します。そうすると、今までとは違った視点で物事を考えることができ、自分では気づいていなかった気持ちや考えに気づくことができます。

良い状態や成功したら得られる結果をイメージさせたり、アイディアや考えを具体化させたりすることもできます。それにより、コミュニケーターのモチベーションを高め、自発的に行動できるように促すことができます。

例)「この目標が達成できたら、あなたは何を得られると思いますか?」
「あなたのアイディアを具体的に言うと、どんなことですか?」

不安、要望、目標に対する共通認識を深める

コミュニケーターの感じていること、考えていることを知ることで、双方が共通の認識を持つことができます。共通の認識は、その後の育成のサポートをより具体的に考えることができ、効果的にします。

例)「あなたは○○のスキルが不足していると思うんだね。実は私もあなたならもっと○○のスキルを高めることができるのではないかと思っていました。スキルアップのために□□にチャレンジするのも良いかと思うのだけど、どうだろう?」

相手との同異を整理する

相手の評価と自分の評価結果だ違う場合、同じ意見に関してはしっかりと肯定の意思を伝え、異なる解釈や意見に関しては、どのように違うのかを伝えます。理由も含めてはっきりとコミュニケーターに伝えることが肝心です。

育成者側の支援する姿勢を伝える

あなたの誠実な気持ちを伝えましょう。質問をすることで相手の話をより詳しく理解したいということ、支援をしたいということ、を伝えましょう。「あなたと一緒に考えたい」、「あなたの成長を手助けしたい」ということを伝えます。

例)「○○さんなら、△△はもう少し効率的にできると思う。効率アップの方法を一緒に考えたいから、今のやり方を教えてくれないかな」

おすすめリンク

【公開講座】部下との面談力向上研修

モニタリングフィードバック研修(1日間)

コールセンターソリューション

to top